萬田道場

公式HP

8/7(日) 拳心会宮崎大会 試合結果

子どもの幸福こそが教育の目的

子どもの幸福こそが教育の目的MANDA

萬田道場は、『真の人間教育』を目指し『一流の人材育成』を
目的としております。
子供だけではなく大人の道場生も多く在籍しており、
現在約100名の道場生が日々道場で汗を流しております。
プロ志望、護身、ダイエット、ストレス発散など
目的はさまざまで個人の目標に合わせ
指導・サポートを行っております。
              萬田道場について

拳心会宮崎大会 試合結果

今日は宮崎・ひなた武道館で、拳心会宮崎大会が行われ、萬田道場から江口清将、井川虎千代、伊藤優、福島男粋が出場しました

《試合結果》
○江口清将 (組手・幼児年長の部)
優勝

○井川虎千代 (男子組手・小学4年生Aの部)
準優勝

○伊藤優 (男子組手・小学4年生Aの部)
2回戦敗退

○福島男粋 (男子組手・小学4年生Aの部)
優勝

《総評》
まず年長の清将が先陣を斬りました!
前回の空手の試合から、キックの試合を数回経ているので、今回は落ち着いていました!
先にポイントを取られることが多かったですが、攻撃し続けて、最後は10-9で勝ちましたから、たいしたものです。
終わった瞬間は優勝したことがわかってないようでしたが、表彰されて、あとは小学4年トリオにプレッシャーをかけていました(笑)
空手もキックもどんどん挑戦していってほしいです!
きよ、優勝おめでとう!

小学4年トリオは、同門決勝対決となり、男粋、虎千代が1位2位となりました!
すべてのポイントはとらが先取し、だんきが追う形になったのですが、それぞれのいいところが出せて、同点判定で、本当に僅差でのだんきの勝利でした。
いい試合でしたね!
だんきは空手で連続優勝ですし、とらもいい表情で悔しがっていました!
だんき、とら、おめでとう!

だんきも、とらも勝ち上がっていけた理由として、空手の戦い方に順応したからです。
それでも当て方などに課題はありますが、空手の戦い方ができたことが勝因だと思います。
ヒロトは空手でも、キックでもない中途半端な戦い方になったことが敗因だと思います。
ですが、以前、だんきやとらも速攻に負けてしまった苦い経験があっての今ですから、ヒロトも今日の負けをどう活かしていくのかだと思います。
だんき、とら、ヒロトの小学4年トリオはいい仲間、いいライバルでいれているので、お互いを尊重し、切磋琢磨しあって萬田道場ジュニアを引っ張っていってほしいなと思います!

また10月にも硬式空手の大会が予定されていますので、しっかり課題に取り組み、頑張っていきましょう!

大会主催道場の拳心会、森先生からもお声をかけていただき、
本当にありがとうございました!

大会主催者様、関係者の皆様
対戦してくれた選手の皆様、ジム・道場の皆様
ありがとうございました

今後とも応援、よろしくお願い致します!

大会主催道場である拳心会様より、萬田道場から男粋が、努力賞をいただきました。

とても光栄なことです

これからも努力を惜しまず、頑張っていきましょう!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE