萬田道場

公式HP

5/16 KPKBアマチュアキックボクシング交流大会 試合結果

子どもの幸福こそが教育の目的

子どもの幸福こそが教育の目的MANDA

萬田道場は、『真の人間教育』を目指し『一流の人材育成』を
目的としております。
子供だけではなく大人の道場生も多く在籍しており、
現在約100名の道場生が日々道場で汗を流しております。
プロ志望、護身、ダイエット、ストレス発散など
目的はさまざまで個人の目標に合わせ
指導・サポートを行っております。
              萬田道場について

KPKBアマチュアキックボクシング交流大会 試合結果

5/16(日)、さざんぴあ博多でKPKBアマチュアキックボクシング大会があり、萬田道場から虎千代、ヒロト、男粋、寧音、RIA、将秀、謙仁の7名が出場しました。

《試合結果》
○虎千代(−25kgワンマッチ)
判定勝ち

◯ヒロト(−25kgワンマッチ)
判定負け

◯男粋(−30kgワンマッチ)
1試合目 ドロー
2試合目 判定勝ち

○寧音(−30kgワンマッチ)
ドロー

○RIA(−30kgワンマッチ)
ドロー

○将秀(−35kgワンマッチ)
判定勝ち

○謙仁(−35kgワンマッチ)
判定負け

《総評》
今日のベストバウトは、虎千代でした!
前蹴り、ミドルと練習してきたこと、全力で戦うことがちゃんとできました。
前蹴りがいいタイミングで決まったときは、虎千代自身もびっくりしていましたね(笑)
本気で頑張ること、それが結果につながることが少しずつわかってきたようで、虎千代の今日の勝ちは大きいと思います!

初めての試合組を経験し、今日を迎えた寧音、RIAは全力を出し切るという約束を守り、叫びながら手数を止めることなく、相手に食らいつきました!

ヒロトも相手の圧力に押されながらも、ミドルを必死に出し続けました。
本気で全力でぶつかったからこそ、悔し涙が溢れましたね。

将秀、謙仁、男粋は課題の残る試合になりました。
将秀は、自分自身でも納得のいく内容ではなかったと思いますが、調子が上がらない中でもしっかり勝てる力は付いています。
謙仁も試合を優位に進めれる引き出しはたくさん持っていますから、もっとやれるはずです。
男粋は、必死さ、本気度、向上心をもっと高く強く持って、練習や試合に臨むことです。

この1ヶ月、練習ではたくさん泣いきながら、必死に練習してきました。
挑戦した7名は本当に誇りに思います!
これからもどんどん挑戦し、毎日しっかり練習していきましょう!
試合組で必死に頑張る姿は、他の道場生たちもちゃんと見ています。
試合組のみんなみたいに強くなりたい、試合に出たい、そんな道場生がたくさんいます。
また明日から頑張っていきましょう!

今大会、久しぶりに観客がいる中の大会で萬田道場生や、保護者の方々がたくさん来場してくださり、皆さんの応援が選手たちの力となりました。
ありがとうございました!

セコンドでみんなのサポートしてくれた一臣、裕人、駿輝
ありがとうございました!
3人それぞれがどう動いたら選手たちのためになるかを考えてくれて、安心して任せることができました。
終わってからも、このときはどうしたらよかったのか、もう少しできたんじゃないかと反省は尽きませんでした。
ジュニア時代、選手側だった3人がセコンドとしてサポートする側に徹してくれる姿は本当に嬉しく、誇らしいです。
私も含め、選手と一緒に成長しつづけていこうと思います。

最後になりましたが、対戦してくれた選手、ジム様
このコロナ禍の中、大会を開催してくださった大会主催者様、関係者の皆様
ありがとうございました!

まだまだコロナが落ち着きませんが、大和を始め、キックや空手など格闘技の大会や、たくさんのイベントが開催できるようになるのを祈るばかりです。

こういった状況の中でも頑張っている道場生や、選手のために私たちができることをやっていきたいと思います。

今後とも、応援よろしくお願い致します!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE