萬田道場

公式HP

試合をライブ配信したい!クラウドファンディングで支援募集開始

子どもの幸福こそが教育の目的

子どもの幸福こそが教育の目的MANDA

萬田道場は、『真の人間教育』を目指し『一流の人材育成』を
目的としております。
子供だけではなく大人の道場生も多く在籍しており、
現在約100名の道場生が日々道場で汗を流しております。
プロ志望、護身、ダイエット、ストレス発散など
目的はさまざまで個人の目標に合わせ
指導・サポートを行っております。
              萬田道場について

2020年8月23日(日)に開催される大和〜 YAMATO〜第19章において、全試合をLIVE配信を実施するため、2020年8月7日(金)よりクラウドファンディングで支援募集を開始しました。

観戦席を通常250席ほど用意するところ、37席に限定。当然チケット収入も6分の1ほどに減少します。

自前の道場を会場として使用するための準備費用や新型コロナウイルス感染拡大防止のために費用などがかかるため、イベント興行としては赤字です。

ですが、「格闘技イベントの火を消してはいけない」「屋内イベント存続の危機を乗り越えるため」にも、誰かがチャレンジしなくてはならない。

当道場が主催する大和〜YAMATO〜という格闘技イベントはこれまで、多くの方からご支持をいただき、たくさんの方に楽しみにしていただける大きなイベントへと成長することができました。

これまで支えてくださった選手・ファンの皆さまに恩返しをするためにも、私たちがチャレンジするべきだ。

そう考えています。

地方の一道場を会場とし、規模は縮小したとしても、やるからには、大和〜YAMATO〜のブランドに恥じない最高の戦いの舞台を用意したい。

選手やファンの皆さんに「この時代でもここまでできるんだ」「地方の大会でもここまでできるんだ」という大会の姿を見せることで、withコロナの時代を生きる格闘技選手や関係者、そしてファンの皆さんに希望を見出してもらえたらと思っています。

激戦の様子をSTAY HOMEで観戦。ライブ配信で、熱気を届けます。

本来、会場を埋め尽くす観客に囲まれ、声援を受けながら開催される格闘技イベントではありますが、密な空間での開催は感染症対策の観点からは望ましくありません。

一人でも多くの方に、興行として楽しんでいただくべく、模索の結果、たどり着いた答えは「ライブ配信」でした。

会場での観客数を極力少なく設定していますが、ライブ配信を行えば、出場選手の家族の皆さんや全国のファンの皆さん、この大会に出たいと思っていた選手の皆さん、そして現地で観戦したいと思ってくださったのに、チケットが取れなかったという皆さんにも大会を観ていただくことができます。

また、今回のライブ配信は【無料】でご覧いただけるように手配します。これまで格闘技を会場で見たことのない方や、「なんとなく興味があるが見たことがない」方も気軽に大和を観戦できるのです。

今回の仕組みを成立させることができれば、今後のWithコロナ時代においても、格闘技界の新たな楽しみ方の提案につなげることができ、もっと多くの方に魅力を知っていただけると信じています。格闘技界の未来を作る意味でも是非、ご協力をいただけますと幸いです。

クラウドファンディングはこちら(8/31まで支援募集)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE